TOP タイトル
line
home概要 総会会報
研修会
特選インタビューリンク
問い合わせ

●プライバシーポリシー

HOME>研修会

研修会

 紅梅会では毎年1回、会員の皆様に役立つ研修会を企画しております。会員でない方もどなたでも自由に参加することができます。多くの方々の参加をお待ちしております。

●第39回紅梅会研修会のお知らせ

2016研修ポスター
 ポスターをクリックするとPDFファイルがご覧いただけます。

テーマ:「チーム医療にも役立つ最強医療コミュニケーションなんでやねん力」
講師:Wマコト(中山真氏・中原誠氏)
日時:2016年10月28日(金)18:00〜19:30
会場:慶應義塾大学信濃町キャンパス孝養舎202教室
研修会費:無料


 

●第38回紅梅会研修会(終了)
テーマ:「医療従事者が知っておきたい外国人患者さんへの接し方2015研修会
            〜医療通訳について考える〜」
講師:高嶋 愛里氏
日時:2015年10月23日(金)18:00〜19:30
会場:慶應義塾大学信濃町キャンパス孝養舎202教室
研修会費:無料

※右画像をクリックするとポスターのPDFファイルをご覧いただけます。


過去の研修会の内容は下記でご覧いただけます。

2014年度 第37回研修会報告

テーマ:「糖尿病患者をアプリで支える!」−新しい健康支援のカタチ−
講師:谷口 諭氏
日時:2014年10月24日(金)18:00〜19:30(17:30受付開始)
場所:慶應義塾大学信濃町キャンパス 孝養舎 202教室
ポスターのPDF

※研修会の様子はこちら。

過去の研修会の内容

年度 テーマ 年月日(曜日)
時間

講師(敬称略)

1991年度 エイズの現状と問題点 1991.10.17(木)
18:00~20:00
根岸昌功(都立駒込)
エイズの現状と問題点 1991.10.18(金)
18:00~20:00
 〃
1992年度 生命倫理を考えるPartⅠ生命倫理(講演) 1992.10.7(木)
18:00~20:00
土屋貴志(杉野女子大倫理学)
生命倫理を考えるPartⅠ生命倫理(グループ討議) 1992.10.8(金)
18:00~20:00
 〃
1993年度 生命倫理PartⅡターミナルケアにおけるインフォームドコンセント 1993.10.13(水)
18:00~20:00
高宮有介(昭和大学緩和ケア)
生命倫理PartⅡ看護と患者の権利 1993.10.14(木)
18:00~20:00
鈴木利廣(弁護士)
1994年度 生命倫理PartⅢ生命倫理と日常の倫理(病院のなかとそと) 1994.10.12(水)
17:30~19:30
樽井正義(文学部倫理学)
生命倫理PartⅢ身の回りの生命倫理

1994.10.13(木)
17:30~19:30

小林紘一(胸部外科)
1995年度 生命倫理PartⅣビハーラ病棟(仏教)安らぎの医療を求めて 1995.10.14(土)
16:30~19:30
森津純子(昭和大学緩和ケア)
1996年度 生命倫理PartⅤホスピスの現場から生と死を考える 1996.10.12(土)
16:30~18:30
山崎章朗(聖ヨハネ会桜町病院)
1997年度 看護婦を取り巻く人間関係の諸相 1997.10.12(金)
17:00~19:00
大野裕(精神神経科)
1998年度 人間関係をどう構築していくか(ストレスとのつきあい方) 1998.10.16(金)
17:30~19:00
大野裕(精神神経科)
1999年度 会話の魅力は人の魅力 1999.10.15(金)
17:30~19:30
倉部佐和子(話し方教室)
2000年度 介護保険導入にあたって医療の現場がどう変わるか 2000.10.20(金)
17:30~19:30
N52守山伸子(鶴巻温泉病院)
2001年度 脳は再生できるか 2001.10.19(金)
17:30~19:30
河瀬斌(脳外科)
2002年度 癒し:心のケア 2002.11.9(土)
14:30~16:30
野末聖香(看護医療学部)
2003年度 先天異常と遺伝 2003.11.29(土)
14:30~16:30
小崎健次郎(小児科)
2004年度 シンポジウム:在宅療養支援の現状と課題  
-高齢社会における医療・福祉の充実をめざして-
2004.10.23(土)
16:30~18:30
N69服部千代美
J01大倉美紀
J03山本智恵子
結城康博(新宿区社会福祉士)
2005年度 今日から使える!看護コーチング 2005.11.24(木)
17:30~19:30
坂井慶子
2006年度 今日から使える!看護コーチング2 2006.11.17(金)
17:30~19:30
坂井慶子
2007年度 HIV/AIDSについてもっと理解しよう!
-看護師として知っておかなければならないこと-
2007.11.20(火)
17:30~19:30
池田和子(国立国際医療センター)
J02戸蒔祐子
2008年度 看護師のためのアンチエイジング 2008.11.21(金)
17:30~19:30
坪田一男(眼科)
2009年度 こころの負担を軽くしてみませんか? つらい気持ちを楽にするちょっとしたコツ 2009.11.21(土)
13:00 〜15:00
朴順禮(パクスンレ)
2010年度 生きることへのまなざし~病気と共に生きるためのセルフマネジメント~ 2010.11.12(金)
18:00~19:30
山下香枝子(聖隷クリストファー大学看護学部教授, 前慶應義塾大学看護医療学部教授・学部長)
2011年度 患者さんが医療者に望むこと 2011.11.11(金)
18:15〜19:30
秋山美紀(慶應義塾大学総合政策学部准教授・同医学部・看護医療学部・先端生命科学研究所兼担准教授)
2012年度 看護におけるケアリング 2012.10.26(金)
18:00~19:30
筒井真優美(厚生女子学院68回生、現日本赤十字看護大学大学院研究科長・小児看護学教授)
2013年度 ワンコイン健診の挑戦〜健診弱者を救うために〜 2013.10.18(金)
18:00〜19:00
川添高志(看護医療学部1期生、現ケアプロ株式会社代表取締役)
2014年度 「糖尿病患者をアプリで支える!」−新しい健康支援のカタチ− 2014.10.24(金)
18:00〜19:30
谷口 諭(マイスター・ジャパン・ビジネス・ソリューションズ株式会社代表)

 

(C)