TOP タイトル
line
home概要 総会会報
研修会
特選インタビューリンク
問い合わせ

●プライバシーポリシー

HOME研修会>2014年度研修会報告

2014年度 第37回 紅梅会研修会報告

テーマ「糖尿病患者をアプリで支える!」−新しい健康支援のカタチ−

 2014年10月24日、第37回紅梅会研修会を行いました。
 今回は徳島大学糖尿病臨床・開発研究センター特任助教でマイスター・ジャパン・ビジネス・ソリューションズ株式会社代表の谷口諭さん(総合政策学部卒)を講師にお迎えし、「糖尿病をアプリで支える-新しい健康支援のカタチ-」と題して、ヘルスケアとITを融合した健康支援をテーマにお話し頂きました。
 谷口さんは大学在学中よりインターネットを活用した地域活性化のプロジェクトを運営し、卒業後は企業研修に携わる業務をされていましたが、糖尿病の方との出会いをきっかけにヘルスリテラシー向上の必要性を感じ、同社を設立しました。現在では、携帯電話等を使って誰もが簡単にITを利用できる環境づくりを目指し、活動されています。
 研修会当日は50名近い方々にご参加いただき、卒業生はもちろん、ヘルスケアやITビジネスに携わられている方、糖尿病の当事者の方々も多数参加され、「まずやってみることが大切!」と語る谷口さんのパワフルなトークで会場は大いに盛り上がりました。さらに、事例を元にしたグループワーク等もあり、講師・参加者ともに一体となった自由な雰囲気の中での研修会となりました。
 学部生と卒業生、そして多様なヘルスケアに関わる人々との交流は参加者同士の満足度も高く、盛会に終了することができました。谷口さんの益々のご活躍を祈念するとともに、参加者の皆様、広報活動等にご協力いただいた皆様方に厚く御礼申し上げます。

2014研修1

2014研修2
2014年度研修会


(C)