TOP タイトル
line
home概要 総会会報
研修会
特選インタビューリンク
問い合わせ

●プライバシーポリシー

HOME研修会>2012年度研修会報告

2012年度 第35回 紅梅会研修会報告

テーマ看護におけるケアリング

 2012年10月26日(金)18時00分より、筒井真優美先生(厚生女子学院68回生 現日本赤十字看護大学大学院研究科長 小児看護学教授)を慶應義塾大学信濃町キャンパス孝養舎202号室にお招きして、研修会を開催いたしました。「ケアリング」という概念が誕生した背景や、ケアリングの3大家、レイニンガー(Leininger)、ワトソン(Watson)、ベナー(Benner)の定義をお話しして頂きました。
 ケアリングは、実習や職場で、指導者、上司や組織から「自分が大事にされている、愛されている」と感じることで、自分も人や組織を大切にしようとするようになるプロセスであるということを学びました。ケアの実践者である看護師にとって非常に大切な概念であることを知り、非常に興味がわきました。当日は49名の方に参加していただきました。有難うございました。



(C)